製品開発ストーリー

ボリュームアップブラシ

本山典子

プロ向けのニッチ市場から一般の中高年女性向けにターゲットと方向性を変えたことで累計70,000本以上の大ヒット!!
INTERVIEWヘアヘルスアドバイザー(毛髪診断認定講師)
本山 典子

エピソード(開発秘話)

ボリュームアップブラシは、木製ブラシのオーソリティー サンビー工業(株)で20年以上前にブロー用専門ブラシとして開発されました。
当然大量に販売するようなものではなく、極めてニッチな市場に向けた商品でした。
実際に使ってみると、使いやすさと機能性にビックリ。
毛髪診断のプロとして、ブラシの善し悪しは知り尽くしていたので、このブラシは売れる! と確信できました。

製品の特徴を見直し、ターゲットをミセス層に変更。

このブラシには本来の用途以外に、髪がからまない、軽く使いやすいなど、たくさんの優れた機能がありました。
特に優れていたのは、髪のボリュームを出しやすいということでした。
ブローする際の手首の角度が髪を根元からすくいあげたカタチになるので、とても簡単にボリュームアップができたのです。
この特長を主要な特長とし、髪のボリュームを出したいミセス層に向け再構築することに。

新商品として再販後、驚異的な売り上げを記録。

用途や使い方、ポイントを「誰でも簡単ボリュームアップブラシ」にリバイバルし一般市場に登場させたところ、「ボリュームアップ」というニーズと、プロ専用設計の良さが生き、発売当初6,000本完売というブラシとしては異例の人気を博しました。
当社が発売してから約4年になりますが、今も不動の人気商品となっており、お蔵入り商品がこんな形になるなんて・・・ とサンビー工業さまも驚きでした。
ボリュームアップブラシ製品概要

手首がまわしやすいハーフ型210°設計。

ブローをする際、手首を返すと約210度になることから、この形状が生まれました。
髪にブラシを巻き付けなくても、ブラシを入れればちょうど髪を根元からくすいあげた形になるので、ボリュームアップが簡単にできます。

ナイロンと豚毛の2段植毛。

毛先の丸い耐熱ナイロンで髪を優しくキャッチ。
次に豚毛があたり、髪をソフトに巻き付け、ツヤを出していきます。

軽くにぎりやすい軽量グリップ。

立体曲面加工により、卵1個分の重さとほぼ同じ50gという軽さを実現。
回転がしやすい設計なので、誰にでも使いやすく、腕に余計な負担がかかりません。
製品開発ストーリー
  • 海外活動レポート
  • よくある質問
  • スカルプブラシ ユニヴィアラ
  • ヘア・ヘルスアドバイザー 本山典子のご紹介
  • SHS商品取扱サロン
  • SHS商品取扱代理店・美容ディーラー