ヘアケア ブログ

  • 2018年11月30日

髪の毛を太くするにはアミノ酸がいいと聞きましたが本当ですか?


最近、シャンプーなどに配合されていることで名前を聞くようになった「アミノ酸」。健康や美容に興味がある人や、毛髪のトラブルで悩む人たちにとっても、馴染みのある言葉になってきているのではないでしょうか?

しかし、「アミノ酸ってなんだろう?」「アミノ酸が髪の毛に良いというのは本当?」「アミノ酸で髪の毛が太くなるって本当?」という疑問を持っている人も少なくはありません。

何気なく聞いている言葉ではあるけれど、なんとなく良いイメージはあるけれど、本当はどういう成分で、どんなことに良いのかはよく知らない…。

もちろん、詳しく知らないからといって、効果に違いはないのですが、実はアミノ酸は様々な美髪製品や増毛製品に限らず、食生活からも取り入れることができる成分です。
外側だけのケアだけでなく、体の内側にもアミノ酸を補うことによって、より効果的に毛髪のトラブルにも効果を発揮してくれる強い味方なのです。

そこで、今日は髪の毛とアミノ酸の関係についてお話ししたいと思います。

 

肉・魚介に多く含まれます。

 

髪の主成分は、アミノ酸って本当ですか?

髪を構成する主成分は「ケラチン」というタンパク質で、髪の70%ほどを占めます。タンパク質というと、肉や魚、卵などの食べ物を想像される方も少なくないでしょうが、人間の身体も約20%がタンパク質で出来ています。

人間の体を構成する要素で最も多いのは水分で約60%を占めますが、水分を除いた人体の固形の部分の約半分はタンパク質でできているのです。

その数はなんと10万種類以上というのですから、人間の身体にタンパク質は欠かせないものです。

では、このタンパク質は何でできているかというと、アミノ酸です。髪の主成分「ケラチン」は、約19種類のアミノ酸が集まってできたもの。つまり、髪の主成分=アミノ酸ということになります。

ケラチンを構成するアミノ酸は、システイン、グルタミン酸、ロイシンを筆頭に、アルギニン、セリン、アスパラギン酸、ヒドロキシプロリン、ヒスチジン、スレオニン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、アラニン、バリン、チロシン、グリシン、プロリン。

グルタミン酸やアルギニンは有名なので、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

グルタミン酸は美肌効果があり、脳を活性化させる作用があるとされており、アルギニンは成長を促したり、角質層を保湿する効果があると言われている成分です。

また、システインやシスチンは美肌効果や老化から体を守る成分とされており、約15%をしめています。

ロイシンは、約10%を占め、髪に作用するだけでなく肝機能を高めたり筋肉を強化したりする働きがあると言われています。

ケラチンは、とても硬くしっかりした構造になっており、髪はもちろん、爪や皮膚の角質層を作る成分です。人体を作り上げ、生命を維持するための働きをしているアミノ酸は、髪にとっても大切な成分なのです。

 

髪にアミノ酸は必要よ!

 

髪にどのような影響があるのですか?

髪にとっての主成分が「ケラチン」である以上、アミノ酸が不足し、ケラチンが不足してしまうと髪を作る材料がないわけですから、毛髪のトラブルへと直結してしまいます。

髪は毛根付近にある毛母細胞が細胞分裂し、ケラチンを蓄えることで伸びていきます。そのため、アミノ酸が不足してケラチンが不足すると、髪は健康な成長ができなくなってしまうのです。そのため、細く弱い毛になったり、ヘアサイクルに乱れが生じて健康な髪を正常なスピードで作り出すことができなくなり、その結果、薄毛の原因となったりしてしまいます。

また、アミノ酸はタンパク質の層で形成されているキューティクルも生成しています。そのため、アミノ酸が不足するとキューティクルが充分に生成されない原因にもなってしまいます。キューティクルが不足した髪の毛は、ツヤがなくバサバサとした見た目にも美しくない状態になってしまいます。

アミノ酸には、生命維持のための働きをするのに必要な必須アミノ酸も含まれています。そのため、不足しているとなれば全身の健康にも影響が現れてしまいます。

人間の体はよくできていて、体内の栄養素はまず、生命維持に必要なものから順番に送られるようになっています。

毛髪は生命維持には直接関係がないので、栄養素が回ってくる順番は最後になってしまいます。そのため、充分なアミノ酸やタンパク質が取られていないと、髪の生成に使う栄養素は足りないままになってしまいます。つまり、美しく豊かな髪のためには、まずは充分な栄養をとり、健康な肉体を持つことが必須となってきます。

健康な肉体を維持することができれば、生き生きとした毎日を送ることができ、その結果余計なストレスを抱える事もなく、身体の細胞も元気になり、身体の色々な器官が正常な働きを維持する事ができ、美しい髪を保つ事が出来るのです。

つまり、美しい髪のためには健康な体が必要であり、健康な身体のためには身体が栄養不足にならないよう、充分な栄養を摂取する事が必要となります。

 

健康だから髪も美しい!

 

どんな食物に含まれていますか?

このケラチンを合成するアミノ酸の中には、必須アミノ酸と言って生命維持のために必ず必要であるにもかかわらず体内で作り出せないアミノ酸と、体内で作り出せる非必須アミノ酸が含まれます。しかし、非必須アミノ酸の中には、体内で作り出すことはできるけれども作り出せる量が少なく、不足するものが少なくありません。

では、アミノ酸を体内に取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単。「食事」です。

アミノ酸は、特別な意識をしなくても日々の食事で摂ることができるようなものも多く、バランスのよい食事をすることで補うことができます。

例えば、システインやシスチン

を合成するためには、豆製品、小麦粉(全粒粉)、牛乳、たまご、肉、魚、レバーといったタンパク質を摂るとよいですし、グルタミン酸を取るためには、出汁として昆布や椎茸、魚介類を使用したり、食べたりすることがお勧めです。他にも、トマトや緑茶、ゴマやチーズにも多く含まれています。

つまり、あまり難しく考えなくても、過激なダイエットなどの食事制限をすることなく、バランスの良い食事を心がけていれば充分なのです。赤・白・黄・緑・黒の5色をメニューを基本にして、加工食品やインスタント食品に頼りすぎることのない健康的な食事をしていけば、問題ないと言えるのです。

美しい髪のためはもちろん、美しい髪を育てる健康な体づくりのためにも、食事の際はバランスを心がけたいものです。さらに、よく噛んで食べるようにすれば、食べ物からより効果的に栄養を吸収することができます。慌てて食事をするのではなく、丁寧な食事を心がけたいものです。

また、必要に応じてサプリメントを摂取することもお勧めです。中でも、体内で分解されたたんぱく質をケラチンに生成するために必要なビタミンとミネラルである「ビタミンB」と「亜鉛」は特にお勧めです。

ビタミンBはカツオやマグロや鮭といった魚類、青魚と呼ばれるサンマ、牛のレバーやバナナに多く含まれているビタミンで、タンパク質を分解してアミノ酸にするために必要なビタミンです。

亜鉛は牡蠣に多く含まれていることが有名ですが、あわびや、スルメ、豚のレバーや高野豆腐、アーモンドや落花生にも多く含まれています。

これらのサプリメントは、ドラッグストアなどでも簡単に入手することができるので、上手に利用すると良いでしょう。

 

食事は色のバランスが大切!

 

太さは変わるのでしょうか?

では、美しくしっかりとした髪は、一体どのように作られるのでしょうか?

まず、しっかりとした髪の毛を育てるためには、健康な頭皮が必要です。頭皮にある毛母細胞は、血液の中にある栄養を受け取り、その栄養を基にして髪の毛を育てます。そのため、血行不良や栄養不足の状態が続けば、健康な髪の毛を育てることができません。

栄養の足りない土では、美味しい野菜や果物を育てることができないのと同じことです。美味しい野菜や果物を育てるためには、土を耕し、充分な栄養の含まれた土にすることが大切です。それと同じように、太くしっかりした髪の毛のためには、状態のいい頭皮が必要なのです。

状態のいい頭皮のためには、健康な身体が必要になります。しっかりとした髪の毛になりたいのならば、ヘアケアだけでなく、健康のために食事や運動などを見直してみると効果的です。

また、髪の太さを決定しているのは、髪の構造の中心にあるコルテックスが関係しています。コルテックスは髪内部の繊維の集合体。髪の毛の質量の85~90%を占めています。

髪の構造は3層構造になっており、中心にメデュラ、メデュラを覆っているコルテックス、コルテックスをウロコのように重なって包み込んでいるキューティクルで構成されています。

中心のメデュラを覆っているコルテックスが多いと太い髪、少ないと細い髪ということになります。

このコルテックスは、やはり髪を形成するタンパク質細胞の一つ。つまり、コルテックスを良い状態に保つためにも、タンパク質、アミノ酸は使われているのです。

頭皮から実際に生えてしまっている髪の毛は、爪と同じ。
自ら修復することもなく、外的要因以外で変化することはありません。そのため、良い状態のコルテックスを持った髪を育てるためには、これから生えてくる髪のコルテックスが充分に作られる状態にすることが大切です。コルテックスが充分に保たれていれば、丈夫な美しい髪を保つことができます。

タンパク質やアミノ酸を充分にとるバランスの良い食事を心がけ、必要に応じてサプリメントなどで栄養補給をすることを基本にしながら、睡眠不足やストレスの解消も心がけ、適度な運動で血流をアップし、頭皮マッサージなど正しいヘアケアを行うことが大切です。

 

まとめ

ヘアケアを考える時、ヘアケア製品を使用すること、ヘッドエステなどのプロによるケアを考えてしまいがちです。

しかし、本当に大切なのは、単純なヘアケアを行うだけではなく、健康的な生活を送ることです。美味しく、バランスの良い食事を充分にとり、よりよい生活習慣を身につけ、正しい知識でヘアケアの方法を見つけること。

この全てを揃えることができれば、あなたの髪の毛は美しく豊かなものに変化していくことでしょう。

並べてみると難しそうに感じるかもしれませんが、できるだけ加工食品やインスタント食品を避け、出来る範囲で規則正しい生活を心がけるだけでも構わないのです。

美しい髪を作るには、まずは健康的な肉体を作ることが必須です。

髪の毛だけにとらわれることなく、健康的な肉体を手に入れて、美しくしなやかな髪を手に入れましょう。