ヘアケア ブログ

  • 2018年11月26日

頭皮の毛穴が汚れる薄毛になるって本当?


「最近髪が薄くなってきた気がする」と鏡を見るたびにため息をついていませんか?
髪の毛が薄くなったり、おでこが広くなったりしてくると、ほとんどの人が「どうにかしたい」と思います。

その結果、最近では有効な治療薬などもあり、「薄毛は治るもの」になってきています。

しかし、病院に行くほどではないけれど、だんだんと気になってきたという人は、まずは自宅でできるケアを試してみてもいいかもしれません。

では、どんなケアを行えばいいのかというと、髪の毛が生えてきやすい毛穴のケアです。

今日はどのように毛穴ケアを行い、どのように汚れを取り除けばいいのかについてお話ししましょう。

 

頭皮もお肌と同じ、ケアしなくちゃね!

 

薄毛になる原因ってどんなのがあるの?

薄毛とは男性はもちろん、女性にも起こる髪の毛が抜けてしまった状態です。

その原因としては様々なことが考えらます。一つのことが原因になることもあれば、いくつかの原因が複雑に絡み合って起こることもあり、一概にこれが原因だと特定することは難しい場合も。

しかし、大きく分けると以下の4つの原因から起こることが多いと言えます。

 

1.ホルモンや遺伝が原因

一つ目はAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛)と呼ばれる、男性ホルモンを原因とする脱毛です。

成人男性によく見られるもので、最近では治療薬などが話題になっています。

額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、ゆっくりと進行していきます。
一般的にイメージする「ハゲ」はこのタイプが多いかもしれません。

 

2.産後

出産を終えると、妊娠中に増えていた女性ホルモンであるエストロゲンの量が急激に低下します。

エストロゲンは髪の毛の成長に重要なホルモンです。そのため妊娠中に続いていた髪の成長期が終わり、エストロゲンの低下とともに髪は休止期へ入り、抜けてしまいます。

産後2~5ヶ月後くらいから1年くらいの間に抜け毛が増えることがほとんどで、髪の毛が全体的に薄くなってしまうこともありますが、ほとんどの場合は時間が経つにつれて気にならないくらいに収まります。

 

3.生活習慣

強いストレスや睡眠不足、不規則な生活、過度のダイエットなどの生活習慣の乱れも、髪が抜ける大きな原因です。

この場合の脱毛は一時的なものから長期にわたるものまで様々です。

髪の毛の健康は身体の健康と比例することはいうまでもなく、バランスのとれた食事や規則正しい生活は自分の髪の毛はもちろん健康を守るためにも必要なことです。

 

4.頭皮環境のみだれ

頭皮に過剰なダメージを与えたり、間違ったシャンプーやヘアケアによって頭皮環境は乱れてしまいます。

おしゃれを楽しむためのカラーリングやパーマ、日常で浴びる紫外線、自分に合っていないヘアケア剤やシャンプーの使用なども、頭皮環境に大きなダメージを与えているかも?そのため「薄毛が気になるな?」と感じることがあれば、頭皮環境を見直してみると良いでしょう。

 

頭皮は髪の毛を育てるために大切な大地のようなもの。豊かで美しい髪の毛を育てるためには、健康な頭皮は不可欠です。正しいシャンプーや適切なヘアケアを行い、頭皮を清潔に保ちより良い髪の毛を育てましょう!

 

気になればカウンセリングも有効?

 

頭皮の毛穴に汚れが詰まる原因って何?

清潔な頭皮を妨げる主な原因はというと、毛穴を汚す皮脂です。

過剰に分泌される皮脂は毛穴を詰まらせ、髪の発育を妨げてしまいます。そのため、過剰に分泌される皮脂は清潔な頭皮にとって大敵になります。

そもそも皮脂とは、頭皮だけでなく肌や髪を乾燥から防ぐバリアとして機能しています。毛穴にある皮脂腺から分泌され、皮膚や体毛の表面に膜のように広がります。こうすることで皮膚が乾燥しすぎないように保湿する働きをしているのです。

また、皮脂の仕事はそれだけではありません。

皮脂は皮膚にいる常在菌の餌になっています。常在菌は皮膚に常に住んでいて、病原菌や雑菌などと戦い守ってくれる存在です。つまり、よくない菌から肌を守ってくれるヒーローのような役目を果たしています。

このように、皮脂と常在菌はバランスを保つことで、清潔で健康な皮膚を作っているのです。

しかし、何らかの原因で皮脂の分泌バランスが壊れてしまうとどうでしょうか?

過剰に分泌された皮脂はシャンプーで落としきることが困難になり、皮膚や毛穴へと溜まっていってしまいます。

その結果、ベタツキはもちろん、かゆみや嫌なニオイの元になったり、常在菌のバランスを崩す原因となり皮膚病へと発展してしまう場合も。

中でも、皮脂腺が最も多い頭皮は、他の部分よりも多くの皮脂が分泌されることになります。その結果、頭皮トラブルを引き起こす原因の一つになってしまうのです。

さらに、過剰に分泌された皮脂が溜まっていくところに加え、落としきれないヘアケア剤やスタイリング剤なども加われば、毛穴を清潔に保つことが非常に困難になってしまいます。

頭皮に必要以上の皮脂や汚れが蓄積されれば、当然、皮脂にある毛穴にも汚れは溜まっていきます。毛穴が詰まってしまえば、正常なヘアサイクルを営むことができなくなってしまいます。

清潔な毛穴を保つためには、皮脂バランスを保つ食生活をはじめとする生活習慣を保つことや、正しい方法で行うヘアケアが必要になります。

髪がべたつくなと感じたら、脂っぽいものに偏った食生活を送っていないか?など、自分の生活を振り返ってみたり、正しいヘアケアを行えているかを振り返ってみましょう。また、専門家のケアやアドバイスを受けるのも効果的です。

 

 

ヘッドスパは効果があるの?

美容院などのサロンで受けることができるヘッドスパ。自宅でのケアとは違い、美容のプロが行うスペシャルなケアの一つです。

美容院などのメニューで見かけたことはあったり、育毛にヘッドスパが効果があるという噂を聞いて気になってはいるけれど、何をするのかわからなくてまだ試したことがないという人も多いのでは?

それでは、ヘッドスパは何のために行うのでしょうか?

ヘッドスパの第一目的は頭皮環境を良くすることです。頭皮には老廃物はもちろん、ワックスなどのスタイリング剤の汚れなど、シャンプーだけでは落としきれない汚れが付いています。

汚れを放置してしまえば、頭皮に残った老廃物や汚れは毛穴詰まりの原因になり、正常な髪の毛の発育を妨げる原因にもなってしまいます。

また、匂いやかゆみの原因にもなりかねません。

ヘッドスパでは、専用のクレンジング剤やマッサージオイルなどを使用し、普段落とすことのできない汚れや老廃物を落としていきます。

頭皮の汚れをきれいに取り除くことができるので、毛穴の汚れも取れ、毛穴をキレイな状態に戻すことができます。キレイな毛穴になれば、育毛剤などのヘアケア剤も浸透しやすくなりますね。

またマッサージによって頭皮を刺激することで血行を促進し、頭皮の血流をよくします。

育毛剤にも「頭皮の血行促進」を謳う商品があるように、元気な髪の毛が育つためにも血行が不足しないことは大切です。

ヘッドスパを行えば、プロの手によって頭の様々なツボを刺激してもらうことができ、より効果的に血行促進を行うことができるでしょう。

さらに、ツボの刺激によってお顔がリフトアップしたり、頭部や首の疲れをリフレッシュすることができるという嬉しいおまけも。ストレス発散にもぴったりです。

このようにヘッドスパにはたくさんの効果があり、育毛や脱毛防止への効果があると言えます。

しかし、単発で効果が実感できるかというとそうではありません。髪の成長は時間をかけて行うもの。1度きりのスペシャルなケアですべてを解決できるものではないのです。

より良い植物を育てるために土を耕すように、頭皮環境を整えることは大切ですが、過度の期待は禁物です。

また、ヘッドスパを行っているからといって、毎日のシャンプーを怠ってはいけません。日々のケアとして正しいシャンプーを行い、特別なケアとしてヘッドスパを行うことで、それぞれの効果を最大限に引き出しましょう。

 

ヘッドスパで頭皮をきれいに!

 

頭皮の毛穴の汚れを落とすにはシャンプーは必須?

毎日のケアとして行うシャンプーですが、頭皮の毛穴汚れを落とすために必須かというと答えはYES。

特にスタイリング剤を使用している人は、頭皮にスタイリング剤を残さないためにも必須です。

しかし、汚れを落としたいからといって過剰にシャンプーを行ってしまえば、逆に皮脂を増やし、毛穴をますます汚してしまうので注意が必要です。

頭皮をキレイにするためにシャンプーをしているのだから、なぜ何度も洗ってはダメなの?と思うかもしれませんが、過剰なシャンプーは頭皮から必要な皮脂まで取り除いてしまうからです。

皮脂は肌のバリア機能を担っており、適量が頭皮にある状態は悪いどころか大切なこと。外部からの刺激から頭皮を守っている皮脂まで洗い流してしまったら、肌は乾燥し、外部からの刺激に敏感になってしまい、ひどい時には皮膚炎へと発展してしまいます。

また、身体が失った皮脂を取り戻そうと過剰に皮脂を分泌してしまうことになり、トラブルの元にもなりかねません。

頭皮の毛穴をキレイにしようとして行った結果、トラブルを引き起こしてしまうのでは意味がありません。そのため、シャンプーはこまめにしすぎることなく1日に1回シャンプー量を少なく2度洗いを基本に、夜にじっくり行うことをお勧めします。

また、使用するシャンプー剤にも注意が必要です。

洗浄力の強いシャンプーは、一見汚れをよく落としてくれてよさそうに感じますが、使いすぎればやはり脱脂のもと。使うこと自体がダメなわけではありませんが、自分の体質や肌の状態とよく相談して使用したいものです。

肌への負担を考えると、お勧めはアミノ酸シャンプー。身体や髪の成分に近いアミノ酸を使用したシャンプーは肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使用できます。洗浄成分はさほど強くありませんが、ゆっくりと2度洗いすることで頭皮の汚れや無駄な皮脂は充分に取り除くことができます。頭皮の状態が気になる人にも優しいので、一度試してみると良いでしょう。

また、シャンプーの際には爪でガシガシと洗うことなく、指の腹を使って優しくマッサージしながら汚れをもみほぐすようなイメージで行うことが大切です。

そして、すすぎは丁寧に。シャンプーの2倍ほどの時間をかけて行うと良いでしょう。

このような丁寧なシャンプーを行えば、自宅でできるケアとしてのシャンプーはバッチリです。清潔な頭皮を保ち、ピカピカの毛穴で元気な髪の毛を育てましょう。

 

まとめ

薄毛になってしまう直接の原因は人それぞれ。これが原因!と自分で判断できるものは少ないかもしれません。また、あまりにも短期間に毛が薄くなったと感じる場合などには、適切な医療機関を受診することも大切です。

しかし、今はまだそこまでではないけれど…という人にとっては、健康な髪を育てるためのケアが有効になってくるのではないでしょうか?
正しいシャンプーやヘッドスパを有効活用し、頭皮環境を清潔に保ち、つまりのない毛穴を作ることは、美しく豊かな髪の毛への第一歩です。薄毛が気になってきたら、まずはそこから改善してみるのもいいかもしれません。