ヘアケア ブログ

  • 2018年10月18日

ストレスで円形脱毛症になりますか?


アップヘアにしようとふと髪を上げた時、予想もしない場所に丸く脱毛している箇所を見つけたことはありませんか?
もしも、あなたの頭のどこかに、まとまって髪がない部分を見つけたら、それは円形脱毛症かもしれません。

円形脱毛症は年齢、性別、人種に関係なく起こり、世界中で多くの人が悩んでいるポピュラーな髪に関する悩みです。過剰なストレスなどをきっかけに、髪や体毛が円形に抜け落ちてしまう症状をいいます。

男性に比べれば髪で隠すことができると言っても、女性にとって自分の頭にハゲがあるということはショックなものです。また、好きなヘアスタイルを思いっきり楽しむことができず、それがさらなるストレスになってしまう場合も。

それでは、できてしまった円形脱毛症を解消するためにはどうしたらいいのでしょうか?
今日は円形脱毛症についてお話ししましょう。

ストレスでなってしまうのね!

円形脱毛症はどんな時になりますか?

脱毛症の原因は実に様々。女性男性型脱毛症(FAGA)、産後の抜け毛、毛穴の汚れや詰まり、食生活の乱れによる栄養不良、生活習慣の乱れやストレスによる血行不良、パーマやカラーリングや紫外線といった外的ストレスによるものなど、あげればきりがありません。

髪の生産工場である「毛球」は、ストレスがかかったりして栄養や血行が不足するとその活動を止めてしまいます。「毛球」が活動を休止すれば、当然新しい髪の毛は生えてきません。つまり、「毛球」が働いていない箇所は脱毛することになります。

円形脱毛症とは、10円玉から500円玉くらいの大きさで「毛球」が活動を休止し、脱毛した状態をいいます。突発的に起こり、再発を繰り返すものから一時的なもの、脱毛箇所が2箇所以上にわたるものから全体的に繋がっていき、蛇行型になるようなものまで、症状は多岐に渡ります。

円形脱毛症のメカニズムは現代でも全て解明されてはいません。らくストレスが主な原因と考えられていましたが、が、現代ではアトピーや金属アレルギー、(長期間はめている銀歯や自宅で使用している鍋など)神経、ホルモンの変容などが原因とも言われています。特に全頭が抜けるような円形、長年回復しない、金属アレルギーは注目を浴びています。

もちろん、ストレスによる一時的な脱毛がないとは言えませんが、「どうせ、ストレスからだろう」と症状を放置していると、いつの間にか症状が進行していることも少なくありません。

それまでの生活で自覚したことがないほどの脱毛を感じたら、一人で悩みすぎることなく、症状に合わせて医療機関を受診するなど、適切な対処をすることが円形脱毛症を解消する第一歩です。

どうしよう!

円形脱毛症になれば、何科に行けばいいのですか?

円形脱毛症に悩み、いざ病院へ行こうと思っても、何科に行けばいいのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか?

実は、円形脱毛症は「皮膚疾患」です。そのため、まずは皮膚科に行って相談してみると良いでしょう。

髪には「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間が存在し、健康な髪は個人差や人種差はあれど、だいたい1日に約0.2~0.3ミリ程度伸びています。

成長期は毛母細胞が盛んに分裂して髪が成長する時期。
退行期は毛球部が徐々に縮小し、毛母細胞の分裂が減少する時期。
休止期は毛母細胞の分裂が停止し、成長が終わった髪が自然に脱毛する時期

これが人体の代謝による自然脱毛のサイルで、休止期に入り抜けてしまっても、健康な状態にあれば髪は再び生えてきます。

しかし、円形脱毛症はそういった髪のサイクルとは違い、異常脱毛してしまった状態。
そのままにしておくと、ひどくなってしまう可能性もあります。

女性の場合、恥ずかしさから通院が遅れがちになる場合も多いですが、ほとんどの場合、対処が早ければ早いほど回復までの時間が短くてすむものです。

自己流のケアも大切ですが、改善が見られない場合や、症状が進行していると感じた場合はなるべく早く医療機関を受診しましょう。

また、女性の場合は、産後などホルモンバランスの変化によって、自然に脱毛が増える時期もあります。枕などの寝具や髪を洗うお風呂場、タオルなどに抜け毛が目立つようになったら、自分のライフステージを振り返ってみるのもいいかもしれません。

しかし、あまりにも抜け毛の量が多いと感じる時は、できるだけ早く皮膚科を受診することをお勧めします。

何かおかしい!?

誰かに相談するのはどうですか?

円形脱毛症の原因の一つには、強いストレスが考えられます。
強いストレスによって抜けてしまった髪の毛は、ストレスを取り除き、毛球が働くようになればまた生えてくるはずです。

しかし、逆に言うと、いくら医療機関に相談しても、ストレスを発散できなければ症状の改善が見られない場合も。
そのため、誰かに相談して、心の荷物を軽くすることは間接的に円形脱毛症の改善に効果を発揮してくれるかもしれません。

現代は、男性も女性もストレスがつきもの。様々な局面で戦いながら、神経をすり減らし、心の余裕のなさから生活習慣が乱れている人も少なくないのでは?

気心の知れた仲間とゆったりした時間を過ごし、自分の心に秘めたあれこれを相談することによってストレスを解放することができれば、髪はもちろん心身の健康にもいいはずです。

また、思っているよりも円形脱毛症はポピュラーな症状。
性別や年齢にかかわらず大人から子供まで誰にでも起こる症状です。そのため、あなたの身近にも経験者がいる可能性は大。相談してみれば、いいアドバイスが聞けるかもしれません。

また、復活するんだ

ストレスを軽減する生活習慣

ストレスを軽減するために大切なことは、食生活や生活習慣を見直すこと。
適切な食生活を送り、バランスの崩れた生活習慣を整えることで、髪はもちろん健康にも良い影響が出てくるはずです。

まず手始めに、バランスのとれた食事をしっかり食べることを考えてみましょう。

毎食ごとにバランスをとるのは難しいけれど、1日は1週間単位で考えてみると楽に始められるのではないでしょうか?

大豆製品などの植物性たんぱく質を食事に取り入れ、亜鉛やビタミンB群といったビタミンやミネラルを積極的に摂取するように心がけると良いでしょう。

ただし、これらを意識しすぎるのは、逆にバランスを崩してしまうことにつながります。バランスよく食事をする目安は、赤・白・黄・緑・黒の5色をメニューを揃えること。着色料ではなく、自然の色でこの5色を揃えれば、自然と野菜や海藻類、穀類が増えて、低カロリー低コレステロールなヘルシーメニューとなります。

忙しい時には、外食やレトルト食品に頼ることも少なくないでしょうが、そんな時でもこの5色を意識するだけでグッと健康的な食生活に近づきます。

もう一つは適度な休息。
忙しい毎日の中で、気がつけば充分な睡眠を取れていない場合も多いのではないでしょうか?

しかし、健康な髪を育てるためにも、充分な睡眠は必須と言えます。特に髪が育つ「ゴールデンタイム」と呼ばれる午後10時から午前2時の深夜帯は、心身ともにリラックスすることが大切です。そのためにも、夕方から眠りにつくまでの時間に頑張りすぎないように心がけましょう。

リラックスタイムの過ごし方としてオススメなのは、適度な運動やストレッチ、頭皮マッサージやブラッシングなどで血行不良を改善し、固まった身体を解きほぐすこと。

中でも頭皮の血行を促進することは、安眠にもつながります。
布団に入る前のひと時を、軽いストレッチとブラッシングの時間に当てると良いでしょう。

ただし、脱毛箇所の近くをブラッシングするときは注意が必要です。
間違ったブラシで間違ったブラッシングをすると、デリケートな頭皮を傷つけ、円形脱毛症を悪化させてしまう可能性があります。
そのため、正しいブラシを使い、正しいブラッシングを行うことが必要です。

頭皮をマッサージするためのブラシは、「パドルブラシ」や「クッションブラシ」といったブラシです。どちらもピンの根元にクッション性があり、頭皮のケアに向いています。ただしピンの種類には注意が必要。すでに円形脱毛症になられている方は、自分が心地よいと感じられるもの、優しいタッチのものをご使用ください。
ピン部分が金属製のものは先端が鋭利なものもありますから、叩いたりきつくブラッシングしすぎないように気をつけてください。

●ブラシの種類についてはこちら
ヘアブラシのおすすめはどんなのがありますか?
髪をとくブラシの用途について教えてください

正しいブラシを選んだら、正しいブラッシングをしましょう。
大切なのは「頭皮にブラシをきちんと当てること」です。次のポイントに気をつけてブラッシングしましょう。

・最初から一気にブラシを通そうとしない。まずは毛先のもつれを取るように。
・頭皮にブラシをきちんと当てる
・生え際の2~3センチ手前からブラッシング開始。
・まずは顔まわり、次にこめかみから襟足に向けて、最後に首元から頭頂部に向けての順番で行う。

正しいブラシで正しいブラッシングを行えば、頭皮の血行が良くなります。頭皮の血行が良くなれば、頭皮の緊張がほぐれ、全身の血流も上がり、睡眠に向かってリラックスした状態を作っていくことができます。より良い睡眠のためにも、生活習慣にブラッシングする習慣を加えましょう。

どれくらいの期間で治りますか?

円形脱毛症の症状には、症状の軽いものから重いものまで様々あります。
円形脱毛症には症状の軽い重いで回復期間は決まりません。

ストレス性が原因と思われる、初期段階の円形脱毛症の場合は、ほとんどの場合1年〜2年以内に自然に治ると言われています。
そのため、自分の髪や頭皮の状態に気を配り、小さな変化に気がつくことができれば、その分早く回復すると言えるでしょう。

また、適切な対処をすることで、さらに回復までの期間を短くできる可能性があります。
医療期間を受診し適切な処置を受け、食生活や生活習慣を見直し、よりストレスフリーな生活に近づけることでより早く発毛を実感できるはずです。
おかしいと感じたら、気軽に皮膚科で相談してください。

髪は生活の乱れを警告してくれる、とも言われています。髪は体の一部だと考え、抜け毛に関わらず、切れ毛やくせ毛といった変化やダメージを感じるようになったら、健全な食生活や充分な睡眠が欠けているのだと考え、無理を重ねることはないよう自身の体を気遣ってあげましょう。

まとめ

ストレスの多い現代社会では、円形脱毛症は誰にでも起こりうる症状です。
ショックな気持ちはあるでしょうが、「少し疲れているのかな?」といった具合に、自分の体からのSOSだと受け止め、「私だけじゃないんだ」と深刻になりすぎずに対処すると良いでしょう。

生活習慣や食生活の改善や医療機関の受診、気心の知れた人とストレス発散の時間を過ごすことで、脱毛は徐々に改善されていくことが殆どです。

生活習慣の中に頭皮やヘアケアの時間を設け、日々の変化に気を配ることができれば、円形脱毛症になってしまっても素早く対処することができ、改善までの時間も早いもの。
日々、頭皮のマッサージやブラッシングをすることで自分の体の変化に耳を傾けましょう。